特許,商標,著作権,不正競争防止法など知的財産に関する法律問題を鮫島正洋が解決!

突然の提訴!どうしたらいい?


事前のやり取りや警告状もなく,いきなり訴状が送られてくることもあります。
このような場合,対応の時間を稼ぐ必要があります。

実務的には,1.すぐに弁護士を選任すること,2.裁判所から照会される第1回期日の候補日の中でなるべく遅い日を選択する,ということになるでしょう。

いきなり訴状が送られてきた場合には,紛争になることを予測していないことも多いので,どうしたらよいか,とまどってしまうことも考えられます。
そのような突然の訴状にも,日頃から頼りになる弁護士と付き合っていれば,不安なく対応することができます。
そのような弁護士がいない場合には,すぐに適切な弁護士に依頼することが重要です。

そこで,弁護士の選び方が極めて重要なポイントとなってきます。
詳しくは,【弁護士はどのようにして選ぶ?】 

USLFは,数多くの警告状,被告特許紛争に対応した経験があります。例えば,当初数十億円の請求額を数千万円で和解したケース(特許・訴訟外),当初数億円の請求額を数十万円で裁判上和解したケース(商標)があります。弊所の紛争処理の切れ味をお試しください。



法律相談のご予約・お問合せについて

自社の技術をライセンス・事業化したい

インターネットで新しいサービスを始めたい

模倣品・コピー商品を見つけた

取引先とトラブルになってしまった

といったご相談に応じております。

知財弁護士.COMについて

TOPへ戻る

事務所概要

弁護士紹介

アクセス

弁護士費用の目安

相談の流れ