特許,商標,著作権,不正競争防止法など知的財産に関する法律問題を鮫島正洋が解決!

syugo.jpg
内田・鮫島法律事務所(USLF)は2004年7月に創設された,倒産処理及び知財法務を含む企業法務の専門家グループです。
USLFの最大の特徴は,「テクノロジー・カンパニー」という顧客層で自らのビジネスドメインを規定し,IT,エレクトロニクス,材料工学などのテクノロジーに関する専門知識と,知財法務・IT法務・ファイナンス法務など多岐にわたる法務経験との両方を兼ね備えた弁護士が,法務・技術・ビジネスの各領域をシームレスに勘案したソリューションを提供することにあります。

◆平成24年度 知財功労賞(経済産業大臣表彰)受賞◆
鮫島弁護士が知財功労賞(経済産業大臣表彰)を受賞致しました。
詳細はコチラをご覧ください
新・特許戦略ハンドブック
出版社:商事法務
鮫島 正洋(編著)













                                       

好評につき実務研修がDVD化されました!

「特許ライセンス契約の戦略論」がDVD化されました。
【詳しくはこちら】
技術取引契約の代表例である「特許ライセンス契約」に焦点をあて、基礎的な法律論から戦略の建て方、契約書への反映方法、諸条項の留意点などについて論じます。

技術取引契約の実務に携わり始めた初心者が基本的な考え方を習得するため、中上級者が自己の知識体系を確認するとともに一層のレベルアップを図るためなど、幅広い受講者層を念頭に置くものです。



特許紛争(原告編) 特許紛争(被告編)
警告状を出すべきか出さざるべきか
特許侵害だと言い切っていいの?
本当に勝てるのかな?
訴訟をすることは大変?
訴訟でできることって何?
仮処分とは?
訴訟はせずに白黒つけたい
輸入品の場合は何ができるの?
特許調査をしたら危ない特許が
弁護士からの警告状がやってきた
突然の提訴!どうしたらいい?
突然の提訴-保険加入で大丈夫?
訴訟のイロハ 特許侵害の判断
訴訟の進行ペースは?(その1
訴訟の進行ペースは?(その2
気になる費用はどのくらい?
弁護士はどのようにして選ぶ?
和解とはどういうもの?
実施例とそっくり!やばいかな?
均等論って何?
クレームに該当していれば勝てる?
特許侵害品の部品なんだけれど
商標・意匠紛争 技術情報の取扱いについて
ブランドを守るための法律って?
物の形態を守るための法律って?
商標侵害は判断どうすればいいの?
新商品名が商標に抵触!
ウェブ上で当社サービス名のサイトが!
弁護士から警告状が!
商標・意匠でも訴訟は大変?
技術情報の保管~営業秘密管理の重要性
技術情報を相手方に出す場合
技術情報を相手方から受領する場合
技術情報に関するその他の注意点
特許権の活用 知的戦略論
特許ライセンスの戦略論
ライセンス収入に対する投資
オープンイノベーション
特許権による資金調達
M&Aと知財権
知財戦略の基本セオリ
必須特許取得の考え方
グループ会社の知財マネジメント
特許権の評価手法とその活用
知財コンサルティング序論