特許,商標,著作権,不正競争防止法など知的財産に関する法律問題を鮫島正洋が解決!

M&Aと知財権


技術系企業の吸収合併において,ターゲット企業に特許侵害リスクが存在する場合,事業そのものが法的に差し止められ成立しない可能性があります。
これまでそんことなく事業継続が出来ていないのだからそんなはずはないじゃないか,と思うかもしれません。
しかし,ターゲット会社がある企業グループの子会社のような場合,その企業グループが保有するクロスライセンス契約の存在によりリスクヘッジがなされていただけかもしれないのです。

このような極端なケースでなくても,知財による参入障壁力が十分でない場合,事業計画どおりの収益が実現できない場合があります。
当職は2008年に刊行された論稿においてこれらの問題を論じました。 (注)




当職の提唱する「必須特許ポートフォリオ論」は,「必須特許の保有が市場参入の大前提である」という命題で表され,M&Aにおいても,この理論を応用してデューディリジェンスを行うというのが弊所の実務となっております。

USLFでは,法務デューディリジェンスと知財デューディリジェンスをパックで承ることが可能です。技術系企業のM&Aにおいては,ぜひご検討ください。

注:「必須特許ポートフォリオ論とこれに基づくM&Aにおけるリスク考察に関して」(知財管理誌Vol.54, No.2 (2008.3))http://www.uslf.jp/samejima_list.html


好評につき実務研修がDVD化されました!

「特許ライセンス契約の戦略論」がDVD化されました。
【詳しくはこちら】
技術取引契約の代表例である「特許ライセンス契約」に焦点をあて、基礎的な法律論から戦略の建て方、契約書への反映方法、諸条項の留意点などについて論じます。

技術取引契約の実務に携わり始めた初心者が基本的な考え方を習得するため、中上級者が自己の知識体系を確認するとともに一層のレベルアップを図るためなど、幅広い受講者層を念頭に置くものです。



法律相談のご予約・お問合せについて

自社の技術をライセンス・事業化したい

インターネットで新しいサービスを始めたい

模倣品・コピー商品を見つけた

取引先とトラブルになってしまった

といったご相談に応じております。

知財弁護士.COMについて

TOPへ戻る

事務所概要

弁護士紹介

アクセス

弁護士費用の目安

相談の流れ