特許,商標,著作権,不正競争防止法など知的財産に関する法律問題を鮫島正洋が解決!

技術情報の取扱について

 他社と技術交流や共同開発を行う場合は,1.NDAを締結して相手方と共同プロジェクトを遂行するかどうかを検討する,2.共同開発契約等を締結する,というようなステップを経ることが通常ですので,この際における技術情報の取扱いについてご説明したいと思います。


技術情報の保管~営業秘密管理の重要性

技術情報を相手方に出す場合

技術情報を相手方から受領する場合

技術情報に関するその他の注意点



法律相談のご予約・お問合せについて

自社の技術をライセンス・事業化したい

インターネットで新しいサービスを始めたい

模倣品・コピー商品を見つけた

取引先とトラブルになってしまった

といったご相談に応じております。

知財弁護士.COMについて

TOPへ戻る

事務所概要

弁護士紹介

アクセス

弁護士費用の目安

相談の流れ